コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集香湯 シュウゴウトウ

2件 の用語解説(集香湯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅうごう‐とう〔シフガウタウ〕【集香湯】

昔、寺院で羹(あつもの)を出す前にふるまった薬湯。苦参(くじん)・肉桂(にっけい)・甘草(かんぞう)・白朮(びゃくじゅつ)・蜀黍(もろこし)などの粉末を調合したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうごうとう【集香湯】

苦参くじん・肉桂につけい・甘草かんぞう・白朮びやくじゆつ・蜀黍もろこしなどの粉を調合し、煎せんじたもの。昔、寺で、羹あつものを出す前にふるまった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone