コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集香湯 シュウゴウトウ

デジタル大辞泉の解説

しゅうごう‐とう〔シフガウタウ〕【集香湯】

昔、寺院で羹(あつもの)を出す前にふるまった薬湯苦参(くじん)・肉桂(にっけい)・甘草(かんぞう)・白朮(びゃくじゅつ)・蜀黍(もろこし)などの粉末を調合したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうごうとう【集香湯】

苦参くじん・肉桂につけい・甘草かんぞう・白朮びやくじゆつ・蜀黍もろこしなどの粉を調合し、煎せんじたもの。昔、寺で、羹あつものを出す前にふるまった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android