コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘草 カンゾウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぞう〔‐ザウ〕【甘草】

マメ科の多年草。高さ約70センチ。葉は卵円形の小葉からなる羽状複葉。夏、淡紫色の花を穂状につける。中国などに分布。根にサポニンを含み、去痰(きょたん)・胃潰瘍(いかいよう)などの薬とし、またビール・タバコ・醤油の甘味料に使用。あまき。あまくさ。 夏》「―や昨日の花の枯れ添へる/たかし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

かんぞう【甘草】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。マメ科ウラルカンゾウや類似植物の根を乾燥したもの。中国西部、シベリアなどに分布。鎮痛解毒去痰(きょたん)鎮咳(ちんがい)などの作用がある。痛み止めとして用いられる甘草湯(とう)風邪(かぜ)のひき始めに効くとして一般的に用いられる葛根(かっこん)湯胃炎に効く安中散(あんちゅうさん)などに含まれる。また甘味成分サポニンが含まれ、薬の苦みを消す甘味材料としても用いる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あまくさ【甘草】

植物カンゾウの異名。

かんぞう【甘草】

マメ科の多年草。中国北部に自生。高さ1メートル 内外。全体に腺毛があり、羽状複葉を互生。晩夏、葉腋に淡紫色の蝶形花が総状につく。根に甘みがあり、乾燥させて鎮咳・鎮痛・解毒などの薬用とし、また甘味料とする。アマキ。アマクサ。 [季] 夏。
の根を乾燥したもの。特異なにおいがあり味は甘い。主成分としてグリチルリチンを含み、矯味・緩和・鎮咳・去痰薬として用いるほか、消化器の潰瘍かいようなどにも用いられる。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

甘草 (アマクサ)

植物。ウリ科のつる性多年草,園芸植物,薬用植物。アマチャズルの別称

甘草 (カンゾウ・アマクサ)

植物。マメ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

甘草の関連キーワード当帰四逆加呉茱萸生姜湯カンゾウ(甘草)グリチルリチン酸桂枝加厚朴杏仁湯グリチルリチン杖型甘草あめ桂枝加黄耆湯桂枝加葛根湯甘草の丸呑み調胃承気湯甘麦大棗湯芍薬甘草湯桃核承気湯排膿散及湯梔子柏皮湯大黄甘草湯麻杏薏甘湯桂枝人参湯独活葛根湯竜胆瀉肝湯

甘草の関連情報