コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘草 カンゾウ

4件 の用語解説(甘草の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぞう〔‐ザウ〕【甘草】

マメ科の多年草。高さ約70センチ。葉は卵円形の小葉からなる羽状複葉。夏、淡紫色の花を穂状につける。中国などに分布。根にサポニンを含み、去痰(きょたん)・胃潰瘍(いかいよう)などの薬とし、またビールタバコ・醤油の甘味料に使用。あまき。あまくさ。 夏》「―や昨日の花の枯れ添へる/たかし

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

かんぞう【甘草】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。マメ科ウラルカンゾウや類似植物の根を乾燥したもの。中国西部、シベリアなどに分布。鎮痛解毒去痰(きょたん)鎮咳(ちんがい)などの作用がある。痛み止めとして用いられる甘草湯(とう)風邪(かぜ)のひき始めに効くとして一般的に用いられる葛根(かっこん)湯胃炎に効く安中散(あんちゅうさん)などに含まれる。また甘味成分サポニンが含まれ、薬の苦みを消す甘味材料としても用いる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あまくさ【甘草】

植物カンゾウの異名。

かんぞう【甘草】

マメ科の多年草。中国北部に自生。高さ1メートル 内外。全体に腺毛があり、羽状複葉を互生。晩夏、葉腋に淡紫色の蝶形花が総状につく。根に甘みがあり、乾燥させて鎮咳・鎮痛・解毒などの薬用とし、また甘味料とする。アマキ。アマクサ。 [季] 夏。
の根を乾燥したもの。特異なにおいがあり味は甘い。主成分としてグリチルリチンを含み、矯味・緩和・鎮咳・去痰薬として用いるほか、消化器の潰瘍かいようなどにも用いられる。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甘草の関連キーワード阿膠遠志十薬川骨当薬柿蔕前胡蘇木大腹皮良姜

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甘草の関連情報