コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜀黍 ショクショ

デジタル大辞泉の解説

しょく‐しょ【××黍】

モロコシ別名

もろ‐こし【蜀黍/唐黍】

イネ科の一年草。高さ約2メートル。茎は円柱形で節があり、葉は長大で互生する。夏、茎の頂に大きな穂を出し、赤褐色の小さな実が多数できる。実は酒・菓子などの原料。飼料にもする。アフリカの原産で、古くから作物として栽培。高粱(コーリャン)。もろこしきび。たかきび。とうきび。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蜀黍 (トウキビ)

植物。イネ科の一年草,園芸植物,薬用植物。トウモロコシの別称

蜀黍 (モロコシ)

学名:Sorghum bicolor var.bicolor
植物。イネ科の一年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蜀黍の関連キーワードミアロリティック組織スーダングラスサンドバーグうろうろ船うろうろ舟クリコロ中国料理ソルガム苗売り集香湯禾穀苗売

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android