苦参(読み)くじん

デジタル大辞泉の解説

く‐じん【苦参】

植物クララ別名。また、その根を乾燥させた生薬。苦みがあり、健胃剤などにする。

くらら【苦参】

マメ科の多年草。山野に生え、高さ60~90センチ。葉は長楕円形の小葉からなる羽状複葉。初夏、淡黄色の花が総状に集まって開く。根を漢方で苦参(くじん)といい薬用。茎葉の煮汁を殺虫剤などにする。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

くじん【苦参】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。マメ科クララの根を乾燥したもの。解熱殺菌利尿健胃鎮痛などの作用があり、非常に強い苦みがある。自律神経失調症更年期障害不眠症に効く三物黄芩湯(さんもつおうごんとう)湿疹(しっしん)じんましんアトピー性皮膚炎に効く消風散(しょうふうさん)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

くじん【苦参】

クララの根を乾燥した生薬。健胃薬とする。くしん。

くらら【苦参】

マメ科の多年草。山野の草地に多い。高さ約1メートル。葉は狭卵形の小葉多数からなる羽状複葉。夏、茎の先に長い花穂を出し、淡黄色の花を多数つける。根は苦く、生薬の苦参くじんとして健胃薬や駆虫薬に用いる。全草の煎汁は害虫駆除に用いられる。クサエンジュ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

苦参 (クララ・クララノキ)

学名:Sophora flavescens var.angustifolia
植物。マメ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の苦参の言及

【クララ】より

…本州,四国,九州,朝鮮,中国,シベリアに分布する。根を乾燥して苦参(くじん)とよび,健胃薬とする。それをかむと目がくらむほど苦いため,眩草(くららぐさ)とよばれ,和名はそれに由来する。…

※「苦参」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android