コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雇用法 こようほうEmployment Act of 1946

世界大百科事典 第2版の解説

こようほう【雇用法 Employment Act of 1946】

アメリカの法律。第2次大戦終了後,不況と失業が再来するのではないかという恐れが高まり,その結果1946年に制定された。雇用法には,最大限の雇用と生産と購買力の促進が連邦政府の継続的な政策であり責任であることが明確に宣言されており,連邦政府による戦後の経済運営に法的根拠を提供した。同法によって大統領府に3名の専門家からなる経済諮問委員会Council of Economic Advisersが設けられ,議会に上下両院合同経済委員会が設置された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の雇用法の言及

【アメリカ合衆国】より


[新しい経済学の実験]
 第2次世界大戦を経過し,戦争被害を免れたアメリカは,一転して文字通り世界経済に君臨する絶対的優位の立場にたった。トルーマン大統領時代には,〈1946年雇用法〉が制定され,政府の総需要管理政策によって完全雇用の維持と経済成長に努める一方,対外的には国際通貨基金(IMF)を中心とする国際金融機構,および,自由,無差別な貿易拡大を求めるGATT(ガツト)(関税と貿易に関する一般協定)をてことして,世界経済の復興と発展を目指す体制をつくりあげた。とくに,1961年以降のケネディ,ジョンソン両政権時代には,ケインズ経済学を基礎にした〈新しい経済学〉を実践するために積極的な経済政策を採用した。…

※「雇用法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雇用法の関連キーワードヘンリー キャンベル・バナマンアメリカ合衆国史(年表)大統領経済諮問委員会フェアディール高齢者雇用経済安定法ボルジャーミズーリ州ハンセン障害者

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雇用法の関連情報