コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雌羊歯 メシダ

デジタル大辞泉の解説

め‐しだ【雌羊歯】

オシダ科の多年生のシダ。葉は根茎から束になって出て、長さ約1メートル。羽状複葉で、羽片は長楕円形で先がとがり、オシダに比べてやや柔らかい。胞子嚢(ほうしのう)群は棒状か鉤(かぎ)形をなす。東北地方から北に分布。えぞしだ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めしだ【雌羊歯】

オシダ科の夏緑性シダ植物。東北の深山、北海道以北に見られる。根茎は太く、葉を束生する。高さ0.7~1メートル。葉柄は淡褐色で黒い鱗片りんぺんがある。葉は軟革質の二回羽状複葉。胞子囊ほうしのう群は鉤かぎ形。ミヤマメシダ。オオイヌワラビ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

雌羊歯の関連キーワードミヤマメシダイヌワラビ淡褐色

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android