コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄羊歯 オシダ

デジタル大辞泉の解説

お‐しだ〔を‐〕【雄羊歯】

オシダ科の多年生のシダ。深山の樹林に自生。太い根茎から多数の葉が輪状に出て、葉は長さ1~1.5メートルあり、羽状複葉。根茎から葉柄にかけて鱗片(りんぺん)や毛がある。根茎を綿馬(めんま)といい、駆虫剤にする。オシダ科はシダ類中で最大の科で、オニヤブソテツジュウモンジシダカナワラビなど約3000種が含まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おしだ【雄羊歯】

オシダ科の夏緑性シダ植物。根茎は太く直立する。葉は1メートルほどになり有柄。葉身は二回羽状複葉。胞子囊のう群は球形で二列に並ぶ。中部地方以北の林下に生ずる。根茎を綿馬根めんまこんといい、生薬として条虫駆除に用いる。綿馬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雄羊歯 (オシダ)

学名:Dryopteris crassirhizoma
植物。オシダ科の夏緑性多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

雄羊歯の関連キーワード球形葉身林下生薬

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android