(読み)ざつ

精選版 日本国語大辞典「雑」の解説

ざつ【雑】

〘名〙
① (形動) いりまじること。いりまじりあつまること。純粋でないこと。また、そのものやさま。〔詞葉新雅(1792)〕
② (形動) 精密でないこと。ぞんざいなこと。大まかなこと。また、そのものやさま。粗雑。
※随筆・孔雀楼筆記(1768)序「其学精密森秀、博而不雑」
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉三「雨天体操場のやうな雑(ザツ)な大な建物の中に」
③ (形動) 礼儀をわきまえないで、細かい心くばりをする態度にかけていること。不作法なこと。がさつなこと。また、その人やさま。
※洒落本・南閨雑話(1773)怖勤の体「おゐらはだたい職人だからとんだざつだによって」
④ むだぐち。駄弁。冗談。
※洒落本・呼子鳥(1779)品川八景「『ほていやでござります』『ていしのはらはさぞ大きかろふのふ』『ざつをいひこなし』」
⑤ あやまち。粗相。
※洒落本・客者評判記(1780)立役之部「小ま物みせのさつは、見物がかほをしかめて」
⑥ 歌集などの部立で、いろいろな性格や種類の歌を集めた部分。雑歌(ぞうか)

ぞう ザフ【雑】

〘名〙
① (形動) 入りまじること。純粋でないこと。また、そのものやそのさま。ざつ。
② 連歌や俳諧で、四季に属さない語。季語でないことば。また、季語をもたない句。
※連歌初学抄(1452頃)「鳥巣 春也。水鳥巣夏也。鷹巣も夏也。鶴巣は雑也」
※毎月抄(1219)「恋の哥などをば雑や季の哥などにて、しかもその哥をとれるよと、きこゆるやうによみなすべきにて候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雑」の解説

ぞう〔ザフ〕【雑】

和歌で歌題の分類の一。四季・恋などの部に属さないもの。歌集では雑歌(ぞうか)、またはそれを集めた部をいう。
連歌俳諧で、無季の付句。

ざつ【雑〔雜〕】[漢字項目]

[音]ザツ(慣) ゾウ(ザフ)(呉) [訓]まじる まざる まぜる
学習漢字]5年
〈ザツ〉
入りまじる。まとまりがない。「雑然雑踏雑駁(ざっぱく)混雑錯雑煩雑複雑乱雑猥雑(わいざつ)
主要でない。いろいろの。「雑貨雑穀雑費雑務
精密でない。「粗雑
〈ゾウ〉
入りまじる。「雑炊雑煮
主要でない。いろいろの。「雑木(ぞうき)雑巾(ぞうきん)雑兵(ぞうひょう)
[名のり]かず・とも

ざつ【雑】

[名]いろいろなものが入りまじっていること。区別しにくい事柄を集めたもの。「の部」「収入」
[形動]大まかで、いいかげんなさま。ていねいでないさま。粗雑。粗末。「な仕事」「に扱う」

ぞう【雑】[漢字項目]

ざつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android