コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザツ

デジタル大辞泉の解説

ざつ【雑】

[名]いろいろなものが入りまじっていること。区別しにくい事柄を集めたもの。「の部」「収入」
[形動]大まかで、いいかげんなさま。ていねいでないさま。粗雑。粗末。「な仕事」「に扱う」

ざつ【雑〔雜〕】[漢字項目]

[音]ザツ(慣) ゾウ(ザフ)(呉) [訓]まじる まざる まぜる
学習漢字]5年
〈ザツ〉
入りまじる。まとまりがない。「雑然雑踏雑駁(ざっぱく)混雑錯雑煩雑複雑乱雑猥雑(わいざつ)
主要でない。いろいろの。「雑貨雑穀雑費雑務
精密でない。「粗雑
〈ゾウ〉
入りまじる。「雑炊雑煮
主要でない。いろいろの。「雑木(ぞうき)雑巾(ぞうきん)雑兵(ぞうひょう)
[名のり]かず・とも

ぞう〔ザフ〕【雑】

和歌で歌題の分類の一。四季・恋などの部に属さないもの。歌集では雑歌(ぞうか)、またはそれを集めた部をいう。
連歌俳諧で、無季付句

ぞう【雑】[漢字項目]

ざつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざつ【雑】

[0] ( 形動 ) [文] ナリ 
精密でないさま。粗末なさま。いいかげんなさま。 「 -にできている」 「 -な造り」
[派生] -さ ( 名 )
[1] ( 名 )
ぞう(雑) 」に同じ。

ぞう【雑】

和歌・俳諧の題材による分類の一。和歌では四季・賀・離別・羇旅きりよ・物名・恋・哀傷などのどれにも属さないもの。または、四季・恋以外のもの。連歌・俳諧では、無季の発句および付句。雑歌。雑の歌。雑の句。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雑の関連キーワード三重県志摩市磯部町上之郷調(租庸調・雑徭)傷寒雑病論筆が荒れる誠斎雑記天つ少女桂園一枝別段預金万雑公事朝蠅暮蚊雑収入雑長持雑所得御彼岸山家集雑言体国奉行下刈り決断所無常所

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雑の関連情報