コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑具 ザツグ

5件 の用語解説(雑具の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ざつ‐ぐ【雑具】

種々雑多な道具。

ぞう‐ぐ〔ザフ‐〕【雑具】

いろいろの道具。ざつぐ。
「資財―舟に積み」〈平家・五〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雑具
ざく

すき焼き、ちり鍋(なべ)などの魚肉を主材料とした鍋料理で、添え物として供されるネギ、シュンギク、セリ、ホウレンソウなどの野菜や、こんにゃく、豆腐などをいう。「ざくざく切ったもの」の意で、主として関東地方でいい、関西では「主材料に加えるもの」という意から、「加役(かやく)」あるいは「加薬」という。なお、明治時代には、狭義に、牛鍋に添えるナガネギを斜めに短く切ったものをいい、これを「五分(ごぶ)」ともよんだ。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雑具の関連情報