コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離心 リシン

デジタル大辞泉の解説

り‐しん【離心】

[名](スル)はなれようとすること。そむくこと。また、その心。
「其の亡状を憤る者多く、暗に―せんと、欲するの勢あり」〈竜渓経国美談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りしん【離心】

( 名 ) スル
そむき離れようとする心。また、離れようとすること。 「同盟列国中にも…暗に-せんと欲するの勢あり/経国美談 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

離心
りしん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

離心の関連キーワードミランコビッチ・サイクルミランコビッチサイクルミランコヴィッチ仮説ミランコビッチ理論ケプラーの方程式トリトン(天文)アルマゲストビトルージーエンケ彗星非周期彗星短周期彗星長周期彗星コロニス族特異小惑星テミス族高速度星ネレイドヒダルゴフロラ族軌道要素

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android