コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離愁 リシュウ

デジタル大辞泉の解説

り‐しゅう〔‐シウ〕【離愁】

別れの悲しみ。「離愁を味わう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

離愁

ベルギー出身の作家ジョルジュ・シムノンの長編小説(1961)。原題《〈仏〉Le Train》。1973年ピエール・グラニエ=ドフェール監督で映画化。

離愁

1973年製作のフランス・イタリア合作映画。原題《Le Train》。ジョルジュ・シムノンの同名小説の映画化。監督:ピエール・グラニエ=ドフェール、出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、ロミー・シュナイダーほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

りしゅう【離愁】

別れの悲しみ。別離の寂しさ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

離愁の関連キーワード俚・利・吏・履・理・痢・罹・裏・詈・里・離アンヌ ヴィアゼムスキークラウデッテ コルベールアンヌ ウィアゼムスキーシャルドンヌ大庭秀雄人生劇場白柳秀湖別離別れ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android