コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離散コサイン変換 りさんこさいんへんかん

3件 の用語解説(離散コサイン変換の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

離散コサイン変換

時系列信号を周波数成分に変換する符号化技術。JPEGMPEG形式の画像の圧縮に用いられている。なお、周波数成分から信号への変換は、iDCT(逆離散コサイン変換)という。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りさんコサイン‐へんかん〔‐ヘンクワン〕【離散コサイン変換】

Discrete Cosine Transform》信号変換の一種。音声データや画像データの圧縮などに利用される。DCT。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

りさんコサインへんかん【離散コサイン変換】

JPEGMPEGMP3など、画像・動画・音声などの符号化されたデータの圧縮に利用される信号変換のひとつ。◇「discrete cosine transform」の頭文字から「DCT」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の離散コサイン変換の言及

【画像処理】より

… 画像符号化は画像をできるかぎり少ないデータ量で表すデータ圧縮のための画像処理であり,画像復号はその逆のプロセスである。離散コサイン変換(DCT)を主要な道具として用いるMPEG1,MPEG2がすでに世界標準として用いられている。より高度のデータ圧縮を目指したMPEG4の標準化の努力も続けられており,そこでは画像認識の役割がますます重要となっている。…

【データ圧縮】より

…高周波の情報は視覚,聴覚特性などから精度良く保存する必要がない場合が多く,こうした情報を削除したり,粗い近似(量子化)をすることで圧縮が可能となる。変換にDCT(離散コサイン変換)を用いる変換符号化は現在の画像圧縮の主流で,JPEGの歪みありの圧縮やMPEGでも使用されている。このときJPEGは自然画像を元の大きさの1/10~1/20にすることができる。…

※「離散コサイン変換」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

離散コサイン変換の関連キーワードMP3非可逆圧縮不可逆圧縮ブロックノイズモーションJPEGプログレッシブJPEGMP3プレーヤー現像ソフトMPEG-4

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

離散コサイン変換の関連情報