コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離液順列 lyotropic series

法則の辞典の解説

離液順列【lyotropic series】

表面不活性の溶液表面張力は,溶質の濃度に依存して直線的にわずかながら増大する.溶媒の表面張力 σS と溶液の表面張力 σL との間にはおおよそ次のような関係が成り立つ.ただし c は溶質の濃度,m は比例定数である.

σL=σS(1+mc

m の大きさは,陽イオンと陰イオンそれぞれによって異なる.陰イオンを共通にした場合,Cs>Rb>Li>Na>K,逆に陽イオンを共通にした場合では,NCS>I>Br>Cl>(1/2)SO42- のような順になる.このイオンの順をいう.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

離液順列
りえきじゅんれつ
lyotropic series

ある物性を濃度を変えて測定すると、濃度に対して直線関係が成り立つことが多い。この測定を一定の陽イオンの種々の塩に対して行うと、塩には系列があることがわかる。これを離液順列という。たとえば、無機塩の水溶液の表面張力についてみると、同じ陽イオンに対して陰イオンの系列の表面張力がCl>Br>NO3の順になっている。また同じ陰イオンをとると、陽イオンの順列はLi>Na>Kである。鶏卵白のゾル化においても同じ傾向がある。[下沢 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

離液順列の関連キーワードホフマイスター系列膨潤

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android