コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波屋おきた なにわや おきた

1件 の用語解説(難波屋おきたの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

難波屋おきた なにわや-おきた

1778-? 江戸時代後期の女性。
安永7年生まれ。喜多川歌麿(うたまろ)らによって錦絵にえがかれた江戸浅草観音随身門わきの水茶屋看板娘。寛政三美人のひとり。おきたの評判で境内の水茶屋はどこも繁盛したという。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の難波屋おきたの言及

【茶店】より

…江戸では明暦の大火(1657)後,浅草待乳(まつち)山聖天宮門前の茶店が奈良茶(茶飯)を売り出して評判となり,宝暦年間(1751‐64)には隅田川右岸の真崎(まつさき)稲荷社内の茶店が田楽を売物にして客を集めた。つづく明和(1764‐72)ごろからは笠森稲荷(谷中)や浅草寺の境内その他の茶店が美しい看板娘を置いて評判になり,笠森お仙,難波屋おきたなどは錦絵にも描かれてその名をうたわれた。茶屋【西村 潔】。…

※「難波屋おきた」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

難波屋おきたの関連キーワード市川春琳パリのパンテオン市川団十郎脚結抄伊藤蘭嵎金門五山桐山門上海スカラ座西山朝

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone