水茶屋(読み)ミズヂャヤ

世界大百科事典 第2版の解説

みずぢゃや【水茶屋】

江戸時代,寺社の境内や路傍で往来の人に茶を供し,休息させた茶店の称。葉茶を売る葉茶屋と区別して,水茶屋といった。《本朝世事談綺》(1734)は京の祇園社境内の二軒茶屋,《嬉遊笑覧》(1830序)は宇治橋際の通円(つうえん)を,水茶屋の始まりとする。室町時代から見られた一服一銭の茶売が,よしず張りの掛小屋に床几(しようぎ)をしつらえるなどするようになってからの名で,これらがやがて酒食を供するようになって煮売茶屋料理茶屋となり,店の奥に座敷を設けるところが現れると,それが男女の密会や売春の場となっていった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みずちゃや【水茶屋】

〔「みずぢゃや」とも〕
近世、道端や寺社の境内などで湯茶を供して往来の人を休息させた店。 「松屋といへる-に居ながれ/浮世草子・五人女 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水茶屋
みずぢゃや

粗末な掛茶屋からやや発展した街頭の簡易休憩所。店づくりをこぎれいにし、掛行灯(かけあんどん)をかけ、良質の茶を使い、接待の美女を置いた。1740年(元文5)ごろから江戸に現れたという。鈴木春信(はるのぶ)の錦絵(にしきえ)で有名な笠森(かさもり)お仙は水茶屋の接待女であった。自家営業もあったが多くは出茶屋(住居が別になっているもの)で、また恒常的な店と花見時だけのような臨時の店とがあった。[原島陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みず‐ぢゃや みづ‥【水茶屋】

〘名〙 (「みずちゃや」とも) 江戸時代、路傍や寺社の境内などで、湯茶を飲ませて往来の人を休息させた店。江戸の上野山下・浅草寺・谷中笠森稲荷などの地内にあったものは看板娘をおいて客を呼んだ。また、京の四条河原のものは櫓年寄の支配に属し、座元・太夫元など芝居関係者が副業として経営していたので、芝居見物の桟敷の予約や食事の世話もした。⇔お山茶屋
※俳諧・西鶴大句数(1677)一〇「水茶屋の跡はありけり堺川 赤まへだれや鬼女が面影」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の水茶屋の言及

【茶屋】より

…旅客用の茶店と同類のものが,門前町や市街の盛場に進出したのが出茶屋(または掛茶屋)で,よしず張りのなかに茶道具一式を置いて一服一銭の安い茶を飲ませた。これを,葉茶屋と区別するために水茶屋と呼ぶこともあり,後には家構えの店もできた。茶屋に酒を置き,そのさかなの副食物から主食物までを提供するようになるのは自然の推移で,それぞれ煮売(にうり)茶屋,料理茶屋といい,寛文(1661‐73)ごろに始まっている。…

【寄合】より

…江戸の小間物問屋の例にみられるように芸者などを呼ぶ場合もあった。こうした集会の場として,繁華地の水茶屋や料理茶屋が発達した。このほか,江戸では諸大名の江戸屋敷に置かれた留守居役(聞番(ぶんばん))が常時寄合を開き,相互の情報交換を行っている。…

※「水茶屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android