コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難燃材料 なんねんざいりょう uninflammable building material; incombustible material

2件 の用語解説(難燃材料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

難燃材料
なんねんざいりょう
uninflammable building material; incombustible material

建築用防火材料の区分の一つ。不燃材料準不燃材料以外の材料で,難燃性を有するものとして建設大臣の指定したもの。たとえば難燃処理加工をした合板,プラスチック板などで防火性能試験,すなわち規定の試料を用い,日本工業規格 JIS A 1321による加熱装置で6分 30秒間加熱し,あらかじめ定められた判定規準により合格した材料をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

難燃材料

建築基準法上は、通常の火災による加熱が加えられた場合、加熱開始後5分間、燃焼せず、防火上有害な変形、溶融、亀裂など損傷を生じず、避難上有害な煙・ガスを発生しないもので、建設大臣が定めたもの、または建設大臣の認定を受けたもの。厚さ5.5ミリ以上の難燃合板、厚さ7ミリ以上のせっこうボードなどが該当する。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

難燃材料の関連キーワード防火戸悪材料準不燃材料耐火材料不燃構造不燃材料耐火材ケージプレス不燃材軒天

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

難燃材料の関連情報