コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不燃材料 フネンザイリョウ

4件 の用語解説(不燃材料の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふねん‐ざいりょう〔‐ザイレウ〕【不燃材料】

建築材料のうち、不燃性能に関して国が定める技術的基準に適合し、国土交通大臣の認定を受けたもの。
[補説]通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後20分間、燃焼せず、変形・溶融など防火上有害な損傷を生じず、避難上有害な煙やガスを発生しない不燃性能が求められる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

不燃材料

建築基準法上では、建築材料のうち、政令で定める不燃性に関する技術基準に適合するもので、かつ、建設大臣が定めたもの、または建設大臣の認定を受けたもの。コンクリート、レンガ、瓦、陶磁器質タイル、鉄鋼、アルミガラスモルタルしっくい、金属板などが該当する。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふねんざいりょう【不燃材料】

火災時に燃えないでしかも容易に変形せずに、かつ有毒ガスや溶融などを生じない材料。コンクリート・鉄鋼・アルミニウム・煉瓦・ガラスなど。 → 準不燃材料

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ふねんざいりょう【不燃材料】

建築基準法の基準に適合した不燃性を持つ建築材料。火災時に燃焼せず、有害なガスを発生しないもの。鉄鋼・コンクリート・瓦(かわら)・煉瓦(れんが)・ガラス・モルタル・漆喰(しっくい)などが認定されている。◇「不燃材」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不燃材料の関連キーワード火災感知器坑内火災火災スプリンクラー火災救助袋都市火災危険度算定法日本火災海上保険[株]火災警報器住宅用自動消火装置たれ壁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不燃材料の関連情報