筒美京平(読み)つつみきょうへい

  • 筒美京平 つつみ-きょうへい

百科事典マイペディアの解説

歌謡曲作曲家。東京都出身。1967年デビュー,1969年いしだあゆみ《ブルーライトヨコハマ》の初ヒットに始まり,1970年尾崎紀世彦《また逢う日まで》,1979年ジュディ・オング《魅せられて》がレコード大賞獲得。その他《17歳》《翔んでイスタンブール》等数多くのヒット曲を手がけ,計5回のレコード大賞作曲賞受賞。1980年代以降も多くの若手歌手に曲を提供しつづけている。
→関連項目岩谷時子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1940- 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和15年5月28日生まれ。日本グラモフォンにつとめ,昭和42年退社して作曲家となる。「ふたりの汐風」でデビュー。代表作にいしだあゆみ「ブルーライト・ヨコハマ」,ジュディ・オング「魅せられて」,庄野真代「翔んでイスタンブール」など。東京出身。青山学院大卒。本名は渡辺栄吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

作曲家。1940年5月28日、東京都生まれ。本名、渡辺栄吉。幼少期からピアノを習い、青山学院大学在学時にはジャズに親しんだ。卒業後はレコード会社に入社し、洋楽部のディレクターを務めながら、作曲家のすぎやまこういちのもとで作曲を学ぶ。68年に発表した「ブルー・ライト・ヨコハマ」が大ヒットとなり、その後も「木綿ハンカチーフ」、「ロマンス」、「スニーカーぶる~す」など、数々のヒットを連発。作曲を手がけたシングル曲の総売り上げは、国内の作曲家の間で歴代1位(2020年現在)となる約7560万枚を記録した。1971年に「また逢う日まで」で、79年には「魅せられて」で日本レコード大賞を受賞。2003年には紫綬褒章を受章した。20年10月に80歳で死去した。

(2020-10-15)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筒美京平の関連情報