雨宝童子(読み)ウホウドウジ

大辞林 第三版の解説

うほうどうじ【雨宝童子】

両部神道で、天照大神が日向ひゆうがに下生げしようしたときの姿といい、また、天照大神の本地仏とされる大日如来が姿をかえたものともいう。右手に金剛宝棒、左手に宝珠をとり、頭上に五輪塔を頂く童子形。金剛赤精善神雨宝童子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android