霜焼け(読み)シモヤケ

デジタル大辞泉の解説

しも‐やけ【霜焼け】

寒さのために皮膚の血管が麻痺(まひ)し、赤紫色にはれたもの。凍瘡(とうそう)。霜腫(ば)れ。 冬》「―の手をかくしけり袖の中/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しもやけ【霜焼け chilblain】

医学的には凍瘡(とうそう)pernioという。手足,耳たぶ,鼻の先端,ほおなどが寒気に繰り返しさらされ,末端部の血液循環障害が起こるために発生する。強い低温刺激により血液の流れが止まり,細胞や組織が凍結してしまう凍傷とは異なり,末端部の血液循環障害を起こしやすい素質の人にだけ発生し,また,最低気温が4~5℃で,一日の温度差が10℃以上の冬の初めや終りころに発生しやすい。幼児から学童期の小児に多いが,女子では成人にもみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しもやけ【霜焼け】

寒さのために起こる軽い凍傷。手足に起こりやすく、赤くはれ痒かゆみがある。凍瘡とうそう。しもばれ。 [季] 冬。 《 -のかなしき右手をさすりつゝ /星野立子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霜焼けの関連情報