コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪窓祐補 せっそう ゆうほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雪窓祐補 せっそう-ゆうほ

?-1576 戦国-織豊時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。能登(のと)(石川県)永光寺で出家し,のち虎渓正淳(こけい-しょうじゅん)の法をつぐ。晩年加賀(石川県)大乗寺住持となる。天正(てんしょう)4年4月14日死去。能登出身。法名は祐浦ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

雪窓祐補の関連キーワード曹洞

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android