雲の上人(読み)くものうえびと

精選版 日本国語大辞典「雲の上人」の解説

くも【雲】 の 上人(うえびと)

宮中仕する人で昇殿を許された者。狭義には、清涼殿の殿上(てんじょう)の間(ま)に昇ることを許された五位以上の貴族殿上人雲客
源氏(1001‐14頃)桐壺いとどしく虫の音しげき浅茅生(あさぢふ)に露おきそふるのうへ人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雲の上人」の解説

くものうえ‐びと〔くものうへ‐〕【雲の上人】

宮中の人。皇族
殿上人。雲客。うんじょうびと。
「いとどしく虫の音しげき浅茅生あさぢふに露おきそふる—」〈・桐壺〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の雲の上人の言及

【殿上人】より

…宮中において昇殿を許された四位,五位の者の称。雲の上人(うえびと),雲上人(うんじようびと),雲客(うんかく),堂上(とうしよう)ともいう。殿上は清涼殿の殿上の間をいい,ここには,公卿(くぎよう),殿上人,六位の蔵人(くろうど)が伺候した。…

※「雲の上人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android