コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲パターン くもパターン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲パターン
くもパターン

気象衛星からの雲画像による雲型判別で,低気圧の発達状況や大雨などの顕著な現象の発生,発達,衰弱を示すときの特有な雲形を判別するもの。雲パターンには,Ciストリークトランスバースラインテーパリングクラウドバルジクラウドクラスター筋状雲オープンセルクローズドセルカルマン渦カルマン渦列)などがある。また,水蒸気画像には,明域,暗域,ドライスロット,上層渦などがある。視覚的に表現される雲パターンは,その場の大気の流れ,温度分布,水蒸気分布,および鉛直安定度などと密接に関連しているため,大気の立体構造を把握するうえで重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android