雲パターン(読み)くもパターン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「雲パターン」の解説

雲パターン
くもパターン

気象衛星からの雲画像による雲型判別で,低気圧発達状況や大雨などの顕著な現象の発生,発達,衰弱を示すときの特有な雲形を判別するもの。雲パターンには,Ciストリークトランスバースラインテーパリングクラウドバルジクラウドクラスター筋状雲オープンセルクローズドセル,カルマン渦(カルマン渦列)などがある。また,水蒸気画像には,明域暗域,ドライスロット,上層渦などがある。視覚的に表現される雲パターンは,その場の大気の流れ,温度分布,水蒸気分布,および鉛直安定度などと密接に関連しているため,大気の立体構造を把握するうえで重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android