コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲幢 うんどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲幢 うんどう

1759-1824 江戸時代中期-後期の僧。
宝暦9年生まれ。浄土真宗本願寺派。安芸(あき)広島報専坊の慧雲(えうん)にまなぶ。のち広島に幻華庵をひらき,私塾をつくる。文化10年から文政4年にかけて京都西本願寺の学林でおしえ,同寺19世本如(ほんにょ)の侍講となった。文政7年2月1日死去。66歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。号は幻華。著作に「大経講録」「玄義分六字釈侍講記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

雲幢の関連キーワードフェルディナンド1世[両シチリア王国]ハレ・ウィッテンベルク大学ウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たちポンバルスミートンナポリ王国細井平洲ボルテールワシントン(George Washington)