雲根(読み)うんこん

精選版 日本国語大辞典「雲根」の解説

うん‐こん【雲根】

〘名〙 (の生じるもとの)
① 山。高山。山の高い所。〔宋武帝‐登作楽山詩〕
② (雲が山の岩石の間から生じるように感じられるところから) 山の岩。石。
※蕉堅藁(1403)三生石「雲山気潤、埜火蘚紋乾」 〔賈島‐題李凝山居詩〕
③ 雲の起こる所。また、空から垂れ下がって、地上に根を生やしたような雲。
※和漢朗詠(1018頃)下「紫闥(したつ)を出でて東に望めば 山岳半ば雲根の暗きに挿(さしはさ)めり〈橘在列〉」 〔張協‐雑詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雲根」の解説

うん‐こん【雲根】

《雲の生じるもとの意》高山、または岩石。
「雲は石より生ずるによりて、石を—と云ふぞ」〈中華若木詩抄・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android