コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄帝 こうていHuang-di

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄帝
こうてい
Huang-di

中国の伝説上の帝王三皇五帝の一人。姓は公孫,名は軒轅 (けんえん) 。中国古代の諸王朝や諸侯などの諸姓はすべて黄帝より出たものとされており,最高の帝王として尊ばれた。そのためさまざまな伝説がつけ加わり,多くの黄帝説話が形成されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐てい〔クワウ‐〕【黄帝】

中国古代の伝説上の帝王。名は軒轅(けんえん)。神農氏のとき、暴虐な蚩尤(しゆう)と戦って勝ち、推されて帝となった。衣服・貨幣・暦・医薬・音律などを定めたという。五帝の一人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

黄帝【こうてい】

中国古代伝説上の帝王。五帝(三皇五帝)の一人。姓は公孫,名は軒轅(けんえん)。蚩尤(しゆう)を討伐,漢族最初の統一国家を建設したと伝える。衣服,舟車,家屋などを創始した一種の文化英雄とされる。
→関連項目漢民族黄帝内経黄老道家

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうてい【黄帝 Huáng dì】

中国,古代伝説中の帝王。姓は公孫,名は軒轅であるといわれる。諸侯を攻める炎帝を阪泉(河北涿鹿(たくろく)県北西)にやぶり,反乱を起こした蚩尤(しゆう)を涿鹿で殺し,帝位につく。四方を平定し,天地自然の運行を調和させ,養蚕・衣服・舟運・牛馬車・文字・喪制・音律・医学など,すなわち人類文化を創造したと言われる。戦国時代の老荘学派の始祖ともされる。伝説中の帝王であることは言うまでもないが,戦国時代の斉国の青銅器銘文では,黄帝を高祖と呼んでいるから,東方地域の人びとの間には,黄帝を始祖とする伝承があったことは明らかである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうてい【黄帝】

中国、古代伝説上の帝王。三皇五帝の一人。姓は公孫、名は軒轅けんえん。「史記」によれば炎帝の子孫を破り、蚩尤しゆうを滅ぼして天子になったという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄帝
こうてい

中国古代の伝説上の帝王で、五帝の第一。炎帝(神農氏)の末に蚩尤(しゆう)の乱を平らげて天子となり、衣服、舟車、家屋、弓矢などの生活用具を初めてつくるとともに、文字、音律、暦などを制定し、また薬草を試用して人民に医術を教えるなど、人類に文化的生活を享受させた最初の帝王とされる。この黄帝伝説は『書経』『詩経』などの古文献にはみえず、戦国末の五行説の流行に伴って、先行の各種の神話伝説を基に徐々に形成された比較的新しいものである。また、道家末流によって老子に先だつ開祖とされ、その所説に付会した書がつくられて、漢初には「黄老の学」が流行した。後漢(ごかん)以降は神仙術や道教と結んで神格化された。[麥谷邦夫]
『森三樹三郎著『中国古代神話』(1969・清水弘文堂書房) ▽森安太郎著『黄帝伝説』(1970・朋友書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黄帝の言及

【車】より

…以後の重要な改良として,産業革命期にボールベアリングの発明,19世紀に空気入りタイヤの発明がある。【平田 寛】
[中国]
 中国の車は,伝説によると夏王朝の車正(車担当官)であった奚仲(けいちゆう)がつくったとか,黄帝がつくったとかといわれている。実際は殷時代から存在していたことが,安陽小屯(河南省安陽市郊外)から発掘された殷時代の車馬坑(馬車遺跡)から明らかである。…

【指南車】より

…3世紀前半の三国時代に馬鈞が造り,晋以降皇帝の行列に加えられた。《古今注》によると,はるかに古く黄帝が蚩尤(しゆう)を討伐したとき,蚩尤は霧をまき起こして黄帝の軍隊を苦しめたが,黄帝は指南車を造って軍隊に方角を知らせたという。正確な指導を意味する〈指南〉の語の由来である。…

※「黄帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄帝の関連キーワード黄帝金匱玉衡経貨狄・化狄少皡・少昊水火を踏む蒼頡・倉頡華胥の国深山幽谷黄老の学五道神陰符経傷寒論指南車天子子孫素問雨師史記三皇鳥跡盗跖

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄帝の関連情報