コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲門宗 うんもんしゅう Yun-men-zong

2件 の用語解説(雲門宗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲門宗
うんもんしゅう
Yun-men-zong

中国禅宗の五家七宗の一派。雲門文偃 (864~949) が開祖。韶州 (広東省) 雲門山に住んでいたことからこの名称を得た。斬新奇抜でしかも温和な宗風を特色とした。宋代に臨済宗とともに栄えたが 13世紀にはまったく滅んでしまった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うんもんしゅう【雲門宗】

中国禅宗の五家七宗の一。雲門文偃が開祖。宋代には臨済宗と勢いを競ったが、元代に滅びた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雲門宗の言及

【雲門文偃】より

…福州で,雪峰義存の禅をつぎ,韶州で南漢劉氏の帰依をうけて,雲門山光泰禅院を開く。あたかも五代乱離のとき,南漢はやや平和を保ちえたので,門下にすぐれた弟子が出て,雲門宗を形成する。その特色は相手の質問のポイントをつく,簡明直截の句にあり,天子の風ありと称せられて,その語録が尊ばれるほか,宋代に雪竇重顕(せつちようちようけん)が〈頌古百則〉をつくって,その文学性を強める。…

※「雲門宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雲門宗の関連キーワード五家七宗曹洞宗南宗南頓北漸楊岐派雲門黄竜宗五家七宗六祖

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone