雲門文偃(読み)うんもんぶんえん(英語表記)Yun-men Wen-yan

  • 864―949
  • 雲門文偃 Yún mén wén yǎn

世界大百科事典 第2版の解説

862か864‐949
中国,唐末五代の禅僧。匡真大師(きようしんだいし)。嘉興(浙江省東部)の人,姓は。福州で,雪峰義存の禅をつぎ,韶州で南漢劉氏の帰依をうけて,雲門山光泰禅院を開く。あたかも五代乱離のとき,南漢はやや平和を保ちえたので,門下にすぐれた弟子が出て,雲門宗を形成する。その特色は相手の質問のポイントをつく,簡明直截のにあり,天子の風ありと称せられて,その語録が尊ばれるほか,宋代に雪竇重顕(せつちようちようけん)が〈頌古百則〉をつくって,その文学性を強める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国、唐末五代の禅僧。雲門宗の派祖。賜号は匡真大師(きょうしんたいし)、諡号(しごう)は大慈雲匡聖宏明大師(だいじうんきょうしょうこうみょうたいし)。俗姓は張氏。嘉興(かこう)(浙江(せっこう)省)の人。空王寺志澄(くうおうじしちょう)律師の下で出家し、律を学ぶ。さらに睦州道蹤(ぼくしゅうどうしょう)(780―877)に参禅し、のちに雪峯義存(せっぽうぎそん)(822―908)に参じて嗣法する。韶州(しょうしゅう)(広東(カントン)省)の霊樹院(れいじゅいん)に住し、ついで雲門山に禅宇を開いて弟子を教育し、きわめて簡潔な日常語で、ずばり禅旨を述べた。のちにその門派は大いに栄えて雲門宗を形成するに至った。乾和(けんわ)7年4月10日示寂(じじゃく)。雷岳の実性碑、陳守中の碑銘がある。語録に『雲門広録』3巻がある。

[石井修道 2017年1月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

中国、唐末五代の禅僧。雲門宗の開祖。蘇州嘉興の人。韶州(しょうしゅう)の雲門山に住み、独特の宗風をつくった。著「雲門広録」「雲門語録」。(八六九‐九四九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android