コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

零細農 レイサイノウ

デジタル大辞泉の解説

れいさい‐のう【零細農】

農地が少なく、賃労働などを兼ねて生計を立てる農家。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

れいさいのう【零細農】

農家を経営規模にしたがって階層に分ける場合,一般に〈富農〉〈中農〉〈小農〉に区分されるが,日本の農家経営について,〈小農〉よりさらに小規模なものについていう用語。自家農業だけで家族の生計を維持するだけの経営規模をもたず,保有する生産手段も貧弱で,劣悪な生産条件にあるものをさす。日本の農業経営の特質の一つに経営規模の零細性があげられるように,日本では零細農が広範に存在している。こうした実情下にあっては,機械の過剰投資を引きおこすのみならず,費用が割高になる傾向がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

零細農の関連キーワード農業インテグレーションロングフォード県農地の大規模化モロッコ(国)永源寺[町]農業生産組織地中海式農業農業協同組合ニカラグア根尾[村]コメの動向男鹿(市)限界供給者奈良(市)メーヨー県熊野[町]ソークマン掛合[町]カシキズモ農地改革

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android