コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷火 ライカ

デジタル大辞泉の解説

らい‐か〔‐クワ〕【雷火】

いなびかり。いなずま。また、落雷によって起こる火災。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らいか【雷火】

いなびかり。
落雷による火事。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雷火の関連キーワード松山城(愛媛県)方広寺(京都市)法輪寺(奈良県)四天王寺旧境内松山城[愛媛]天壇祈年殿真田三代記日本美術偶像崇拝片井京助自然崇拝金森建策高野八誠岩間寺東大寺成相寺弘前城法輪寺本郷亘方広寺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雷火の関連情報