コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷金 らいきんfulminating gold

世界大百科事典 第2版の解説

らいきん【雷金 fulminating gold】

きわめて爆発性の高い金の化合物。いくつかの化学種が考えられているが,いずれもAu-N結合をもつと思われる。1886年に酸化金(I)とアンモニアとの反応で得られたものが最初で,Au3N・NH3の組成と考えられた。また塩化金酸HAuCl4とアンモニア水との反応で得られた灰色粉末はAu2O3・3NH3とHNAuCl・NH3の混合物と考えられた。その他Au(OH)3・3NH3,Au2O3・2NH3などがあるが,組成,構造ともに明確ではない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雷金
らいきん
fulminating gold

爆発性の含窒素金化合物で、金()化合物の水溶液にアンモニア系の化合物を反応させたときに生じ、古くから、加熱、打撃などにより激しく爆発することでよく知られている。たとえば、テトラアンミン金()塩[Au(NH3)4]X3を水酸化アルカリで分解するか、塩化金()酸H[AuCl4]にアンモニア水を加えるか、酸化金()を長時間アンモニアあるいは炭酸アンモニウム水溶液で処理するときに得られる。組成ははっきりしていない。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android