コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷金 らいきん fulminating gold

2件 の用語解説(雷金の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

らいきん【雷金 fulminating gold】

きわめて爆発性の高い金の化合物。いくつかの化学種が考えられているが,いずれもAu-N結合をもつと思われる。1886年に酸化金(I)とアンモニアとの反応で得られたものが最初で,Au3N・NH3の組成と考えられた。また塩化金酸HAuCl4とアンモニア水との反応で得られた灰色粉末はAu2O3・3NH3とHNAuCl・NH3の混合物と考えられた。その他Au(OH)3・3NH3,Au2O3・2NH3などがあるが,組成,構造ともに明確ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雷金
らいきん
fulminating gold

爆発性の含窒素金化合物で、金()化合物の水溶液にアンモニア系の化合物を反応させたときに生じ、古くから、加熱、打撃などにより激しく爆発することでよく知られている。たとえば、テトラアンミン金()塩[Au(NH3)4]X3を水酸化アルカリで分解するか、塩化金()酸H[AuCl4]にアンモニア水を加えるか、酸化金()を長時間アンモニアあるいは炭酸アンモニウム水溶液で処理するときに得られる。組成ははっきりしていない。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雷金の関連キーワード炭化物配位化合物付加反応包接化合物無機化合物有機物エノール化揮発性化合物二価鉄化合物ビタミンA効力

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone