雷霆(読み)らいてい

精選版 日本国語大辞典「雷霆」の解説

らい‐てい【雷霆】

〘名〙 (「霆」ははげしいの意) かみなり。いかずち。《季・夏》
※異制庭訓往来(14C中)「如雷霆施一レ雨、似滄溟呑一レ川」 〔易経‐繋辞上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雷霆」の解説

らい‐てい【雷×霆】

《「霆」は激しい雷の意》かみなり。いかずち。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「雷霆」の解説

【雷霆】らいてい

雷のとどろき。〔易、辞伝上〕剛柔相ひし、卦相ひ盪(うご)かし、之れを鼓するに雷霆を以てし、之れを潤すに風雨を以てし、日行して一あり。

字通「雷」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android