コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電信機 デンシンキ

デジタル大辞泉の解説

でんしん‐き【電信機】

電流または電波を利用して通信する機械。無線電信機と有線電信機とがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

電信機【でんしんき】

電信符号を送受信する機械。昔は送信側では電鍵(でんけん)を打つと電流が流れ,受信側では電磁石が作用して鉄片をひきつけ,モールス符号を紙テープに記録する(または音を発する)ものが使用されたが,現在はほとんど印刷電信機を用いる。
→関連項目電信

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

でんしんき【電信機】

電信に用いられる装置。大別して、有線電信機と無線電信機がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

電信機の関連キーワードクック(Sir William Fothergill Cooke)ジーメンス(Ernst Werner von Siemens)エーセルテレカラフエジソン(年譜)田中久重(初代)田中久重(2代)テレプリンターホイートストンタイプライター黒沢 貞次郎テレライタージーメンス東芝[株]ウェーバー黒沢貞次郎テレックステレタイプ郵政博物館テレグラフ通信兵器

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電信機の関連情報