コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電力自由化 でんりょくじゆうか

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

電力自由化

電力小売を自由化する規制緩和のこと。従来、電力の小売業(企業、家庭への電力供給)は電力の安定供給の確保を理由に東京電力関西電力などの10電力会社に独占されていた。しかし、アメリカの規制緩和にならい、2000年から段階的に一般の企業にも解禁されることになった。すでに00年に2000kw以上の電力小売(産業、業務用の大口電力)が解禁、05年には商用全般の電力小売が解禁され、07年には一般家庭も含めて全面的に解禁される予定である。実際に電力小売業に参加している企業としては、三菱商事の子会社であるダイヤモンドパワー、新日鉄などがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

電力自由化

60年以上続いてきた電力大手10社の地域独占を廃止し、電力の需給を全面自由化する動き。2016年4月から、一般家庭や商店を対象とする低圧電力の販売も自由化される。これまで、00年3月に大規模工場を対象とする特別高圧の電力販売が自由化され、04年には中規模工場向け高圧電力の販売にも拡大された。今後は、事業者競争の公平性・透明性を高めるため、20年4月には発送電も既存の電力大手から分離される予定。
16年4月から実施される一般家庭向け電力市場は7~8兆円規模で、通信、ガス石油、コンビニ、鉄道会社などの大手企業が参入を表明している。ただし、企業向けを含む約200社(16年2月末時点)の新規事業者は需要量の4割近くを占める首都圏や関西圏の顧客獲得に力を注いでおり、既存の電力大手も地域を越えた大都市圏に営業攻勢をかけている。
こうした自由化加速のきっかけは、11年に起こった福島第一原発事故である。電力事業に対する国民の関心の高まりを受け、政府は13年に「電力システムに関する改革方針」を閣議決定した。広域系統運用の拡大、電気の小売業への参入の自由化、送配電部門の分離と電気の小売料金の全面自由化の3段階である。ただし、16年4月からの一般家庭向け自由化に向けては、新規参入の大半が電気を大量に使うほどメリットがある料金プランを発表しており、政府が進めている温暖化対策(節電)に逆行するという恐れが指摘されている。

(大迫秀樹 フリー編集者/2016年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

電力自由化

一般家庭や小さな店舗計8500万件は、東京電力など地域の大手電力会社としか契約できなかったが、今年4月から電力会社を選べるようになった。ガス、石油などのエネルギー関連会社をはじめ、自治体が出資する会社なども参入している。

(2016-05-23 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

電力自由化の関連キーワードユニバーサルサービス高圧一括受電サービス再生可能エネルギー電力供給の地域独占日本卸電力取引所一般電気事業者増える石炭火力東京電力(株)モンテジソン珠洲原発計画発送電分離ガス自由化電気事業法VEBA電力融通脱原発連系線IPP節電所

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電力自由化の関連情報