コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子冷暖装置 でんしれいだんそうちelectronic cooling-heating equipment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子冷暖装置
でんしれいだんそうち
electronic cooling-heating equipment

2種の金属を接続して電流を流すと接点で熱の発生 (または吸収) が起こり,電流を逆向きに流すと逆に吸収 (または発生) することを利用した冷暖装置。この現象は既に 1834年に J.-C.-A.ペルチエによって発見されていたが,金属では熱-電気変換効率が悪く,半導体を用いることによって効率が増大したので,電子冷暖装置として実用化された。モータなどの可動部分がなく,装置が小型で,配線が容易なので,振動を嫌う測定器や複雑な装置の冷却または加熱に適する。電流の切り替えにより冷却・加熱が即座に切り替えられて高精度に温度調整できるので,恒温槽などの実験装置や医療装置に用いられる。冷蔵庫や冷暖房器に使用できるよう変換効率の向上に開発努力が向けられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報