コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒温槽 コウオンソウ

デジタル大辞泉の解説

こうおん‐そう〔コウヲンサウ〕【恒温槽】

内部の温度を、外部の温度と関係なく、長時間一定に保つように制御された容器

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうおんそう【恒温槽】

サーモスタットなどを用い、内部の温度を自動的に一定に保つようにした装置。恒温器。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の恒温槽の言及

【サーモスタット】より

…家庭用では電気アイロン,こたつ,ルームクーラー,調理用加熱装置などの電気器具のほか,ガスオーブン,石油ヒーターにも用いられる。工業用としては各種の炉,反応槽,恒温槽などに広く用いられている。恒温槽のことをサーモスタットということもある(図2)。…

※「恒温槽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

恒温槽の関連キーワードガスクロマトグラフィーパラメトリック回路サーモスタット電子冷暖装置ペルチエ効果水晶発振器熱電素子電子冷凍等温変化水晶時計恒温器内部

恒温槽の関連情報