コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子波 でんしはelectron wave

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子波
でんしは
electron wave

電子線 (電子ビーム ) は粒子の流れであるが,L.V.ド・ブロイが指摘し,C.J.デービソン,L.ジャーマー,G.トムソン,菊池正士らが電子回折像を得て実験的に確認したように,波動性ももつので,電子とも呼ばれる。電子波の波長は短いため,これを利用して,通常の光学顕微鏡では不可能な高倍率,高分解能の像が得られる。これが電子顕微鏡である。半導体集積回路のサイズを極限まで小さくすると電子を波動として扱う必要があり,そのような電子波を利用した量子効果デバイスが注目されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

でんし‐は【電子波】

粒子としてよりも波の性質を表すときの電子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

電子波【でんしは】

物質波

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

でんしは【電子波】

電子が粒子としての性質よりも回折や干渉などの波の性質を表しているときにいう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

電子波の関連キーワードメゾスコピック・エレクトロニクスメゾスコピックエレクトロニクスハートリーの方法(量子力学)電子線ホログラフィー共鳴トンネル効果エレクトロニクスハートリー近似ヒ化ガリウムブラッグ反射ド・ブローイ量子波素子分子軌道法電子線回折電子光学デビソン外村彰ルスカ干渉回折