コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気サイン でんきサインelectric sign

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気サイン
でんきサイン
electric sign

広告用などのため,文字や絵画を白熱電球を使って表示する屋外照明。 (1) 直接サイン (白または彩色電球を並べて文字や絵をつくる) ,(2) 間接サイン (明るく照された背景の前に,文字や絵を置いて浮き出させる) ,(3) 包囲式 (光源を半透明の材料で包み,その上に文字や絵を描いて出す) ,などがある。商店の広告板として広く使われる。一般に多くの電球などの光で飾る電飾イルミネーションというが,サインとは別。また,電球の代りに,ガラス管内に封入し,ガスを放電発光させて広告などに利用する方式をネオンサインという。これは直接サインの一種といえる。封入ガスには,ネオン (赤色) ,アルゴン水銀 (青,黄色) などを使う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の電気サインの言及

【イルミネーション】より

…これは元来,照明(ライティングlighting),照度(イルミナンスilluminanceと呼ぶ),電飾のこと。俗にいうイルミネーションは,建物の周辺に沿って多数の電球群を点灯した電気サインを指し,日本での起源は,1903年大阪天王寺公園で開催された第5回内国勧業博覧会の会場正門に6700余灯の電球をつけ,〈第五回勧業博覧会〉という文字を運筆の順序により,点滅7回に及ぶイルミネーションを装置した。この名は1889年パリの万国博覧会で使用されたものであるが,これをそのまま,まねたものといわれる。…

※「電気サイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電気サインの関連キーワード商業デザイン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android