コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気サイン でんきサイン electric sign

1件 の用語解説(電気サインの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気サイン
でんきサイン
electric sign

広告用などのため,文字や絵画を白熱電球を使って表示する屋外照明。 (1) 直接サイン (白または彩色の電球を並べて文字や絵をつくる) ,(2) 間接サイン (明るく照された背景の前に,文字や絵を置いて浮き出させる) ,(3) 包囲式 (光源を半透明の材料で包み,その上に文字や絵を描いて出す) ,などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の電気サインの言及

【イルミネーション】より

…これは元来,照明(ライティングlighting),照度(イルミナンスilluminanceと呼ぶ),電飾のこと。俗にいうイルミネーションは,建物の周辺に沿って多数の電球群を点灯した電気サインを指し,日本での起源は,1903年大阪天王寺公園で開催された第5回内国勧業博覧会の会場正門に6700余灯の電球をつけ,〈第五回勧業博覧会〉という文字を運筆の順序により,点滅7回に及ぶイルミネーションを装置した。この名は1889年パリの万国博覧会で使用されたものであるが,これをそのまま,まねたものといわれる。…

※「電気サイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電気サインの関連キーワード白熱電球ガス入り電球書手タングステン電球ハロゲンランプ電球型蛍光灯コンパクト型蛍光灯電球形蛍光灯白熱灯シールドビーム電球

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone