コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気絶縁物 でんきぜつえんぶつelectrical insulating materials

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気絶縁物
でんきぜつえんぶつ
electrical insulating materials

導体を不導体で囲んで他の導体との電気的接触を遮断することを電気絶縁といい,その目的のために使用する不導体材料 (コンデンサの誘電材料を含む) を電気絶縁物という。電気絶縁物の電気的な性能の表示としては,絶縁破壊に耐える強さ,漏洩電流の大きさ,比誘導率,誘導体力率などがある。その他の性能の表示としては,機械的強さ,加工のしやすさ,耐食性,耐熱性などがある。絶縁材料には気体 (空気,各種ガス) ,液体 (天然鉱油,合成油) ,無機固体 (マイカ,石綿,スレート,磁器,ガラス) ,有機固体 (木材,紙,糸および布) ,天然樹脂 (ゴム,パラフィン) ,プラスチック (ビニル樹脂,ポリエチレン) ,ワニスコンパウンドなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電気絶縁物
でんきぜつえんぶつ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

電気絶縁物の関連キーワード石綿(いしわた)シリコン酸化膜シリコーン樹脂エボナイト熱電発電ケーブル

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android