電波高度計(読み)でんぱこうどけい(英語表記)radio altimeter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電波高度計
でんぱこうどけい
radio altimeter

航空機から電波を発射し,その電波が大地に反射して戻ってくるまでの時間を測定して絶対高度を知る装置気圧高度計に比べて精度が高く,気圧高度計と併用して複雑な地形の上空を飛行するとき,また長距離海洋飛行で経済的なコースをたどる必要があるときなどに用いる。低高度用の FM方式と高高度用のパルス方式がある。 (→高度計 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

でんぱ‐こうどけい〔‐カウドケイ〕【電波高度計】

航空機から電波を発射し、地上からの反射時間を測定して高度を知る装置。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんぱこうどけい【電波高度計】

航空機から電波を地表に発射し、その反射波が戻ってくるまでの時間から高度を測る装置。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の電波高度計の言及

【航空計器】より

… 対気速度計はピトー管を利用して航空機の空気に対する速度(対気速度)を表示するもので,測定された速度をそのまま表示する指示対気速度計と,大気の圧縮性や密度による誤差を補正して表示する真対気速度計があり,またマッハ数を表示するマッハ計を組み込んでいるものがふつうである。高度計には機上から地表に向けて発射した電波が戻ってくるまでの時間を測定して,これを高度に換算して表示する電波高度計,気圧を測定してこれを標準大気に従って高度に換算して表示する気圧高度計がある。後者は地上が標準大気圧でない場合や,実際の大気が標準大気のとおり高度とともに変化しないときには表示に誤差が生ずるので,地上からのそのときの気圧の情報に基づいて誤差を補正する機能を備えている。…

【高度計】より

…地表面または海水面からの高度を測る計測器で,おもに航空機で使用される。気圧高度計と電波高度計に大別される。気圧高度計は高度が高くなるにしたがい気圧が減少する関係を用いて,検知した気圧から算出される高度(気圧高度)を表示する。…

※「電波高度計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android