コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

震度階 シンドカイ

法則の辞典の解説

震度階【scale of seismic intensity】

マグニチュードは地震そのものの大きさを表現しているのに対し,震度は震源の深さや震央距離,観測点の地盤の強弱などによって変わる.いくつかの震度階が提案されているが,わが国で普通に使われている震度階は下記のようになっている(これは気象庁の制定になるものである).

0無感:地震計だけに感じ,人体には感じない.

I微震:静止している人,または地震に特に敏感な人だけに感じる.

II軽震:一般の人々に感じられ,戸や障子がわずかに動く.

III弱震:家屋が動揺し,戸や障子が音を立てて動く.電灯などの吊り下げた物体や器の中の水面の動きがわかる.

IV中震:家屋の動揺が激しく,据わりの悪い器物は倒れる.八分目ぐらい入った水が器からこぼれる.

V強震:家屋の壁に裂け目ができる.墓石や石燈篭が倒れる.煉瓦や煙突,土蔵などには破損が生じる.

VI烈震:家屋は倒壊し,山崩れや崖崩れが多数出現し,平地にも裂け目ができる.

VII激震:さらに被害甚大となる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

震度階の関連キーワード北但(ほくたん)大震災改正メルカリ震度階スマトラ島沖地震MSK 震度階メルカリ震度長周期地震動計測震度中部地方福井地震関谷清景震度階級震度計

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android