震災手形割引損失補償令(読み)しんさいてがたわりびきそんしつほしょうれい

世界大百科事典内の震災手形割引損失補償令の言及

【震災手形】より

関東大震災のために支払えなくなった手形。1923年9月7日,山本権兵衛内閣の蔵相井上準之助は,被害地の銀行・会社を救済するためモラトリアム(支払猶予令)を出して,債務の支払いを1ヵ月猶予する措置をとり,つづいて9月27日震災手形割引損失補償令を勅令のかたちで公布した。これは,震災前に銀行が割り引いた手形のうち,震災のために決済できなくなったものは日本銀行が再割引して銀行の損失を救い,それによって日銀に損失が生じた場合には,1億円を限度として政府が補償するというものであった。…

※「震災手形割引損失補償令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android