コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊雲院襖絵 れいうんいんふすまえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霊雲院襖絵
れいうんいんふすまえ

京都市,妙心寺塔頭の霊雲院の旧方丈6室に描かれた四季花鳥図,琴棋書画図,山水図など水墨または水墨淡彩による襖絵。天文 12 (1543) 年頃に狩野元信が中心となって制作したと考えられる。大仙院客殿の襖絵とともに,16世紀前半の狩野派による障屏画代表作。重要文化財。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android