霧ヶ峰高原(読み)きりがみねこうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霧ヶ峰高原
きりがみねこうげん

長野県中部,諏訪盆地の北東方にある標高 1600~1800mの高原車山(1925m)から西南一帯にゆるやかな斜面をなし,入会地として育成された草原に覆われる。低部には八島(やしま)をはじめ高層湿原地があり,イボミズゴケ,ムラサキミズゴケなどミズゴケ類が多く,泥炭層が厚く堆積し,高層湿原植物群落の典型として国の天然記念物に指定されている。また草原には 104科 882種もの草本植物群があるといわれる。広大なスロープハンググライダーの練習地やスキー場に利用され,年間を通じ観光客でにぎわう。ビーナスライン茅野市から通じる。八ヶ岳中信高原国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android