コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪盆地 すわぼんち

7件 の用語解説(諏訪盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諏訪盆地
すわぼんち

長野県中部,諏訪湖を中心とする盆地。東には八ヶ岳蓼科山の火山がそびえ,南西は糸魚川-静岡構造線の断層で境されて赤石山脈木曾山脈の北端が迫る。標高は湖から南東に延びる沖積平地で 760mであるが,東部は山浦地方と呼ばれ,緩傾斜地が 1100m付近まで続く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すわ‐ぼんち〔すは‐〕【諏訪盆地】

長野県中央部、フォッサマグナにできた盆地。断層湖の諏訪湖を中心にした沖積平野と、蓼科(たてしな)山八ヶ岳火山山麓に分けられる。諏訪市・茅野(ちの)市・岡谷市があり、精密機械工業が発達している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

諏訪盆地【すわぼんち】

長野県中央部の盆地。諏訪平とも。標高760m内外,面積約712km2糸魚(いとい)川‐静岡構造線が走る地溝帯にある地溝盆地で,西縁を明瞭な釜無断層崖で限られ,諏訪湖がある。
→関連項目上諏訪塩尻峠杖突峠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すわぼんち【諏訪盆地】

長野県中央部にある盆地。フォッサマグナに形成された構造盆地で,北東~南西約5km,北西~南東約15kmの紡錘形をなし,中央に諏訪湖(湖面標高759m)を抱く。南西側および北東側は断層によって画され,前者はフォッサマグナ西縁の糸魚川‐静岡構造線にあたる。東部は標高800~1300mの八ヶ岳すそ野地域に連なる。盆地は狭義には諏訪湖周辺の沖積地をさすが,広義にはこの火山すそ野地域も含む。内陸高地のため,年降水量は1200mm前後と日本では比較的少なく,冬季の冷込みは厳しいが,肥沃な土壌に恵まれて開発は古く,弥生時代から水田耕作が営まれてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すわぼんち【諏訪盆地】

長野県中部、フォッサマグナに沿う盆地。中央に諏訪湖があり、諏訪・茅野・岡谷市がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕諏訪盆地(すわぼんち)


長野県中部を占める盆地。諏訪湖に沿った湖岸平野と八ヶ岳(やつがたけ)西麓の溶岩流・火山灰台地からなり、北西を塩嶺山地(えんれいさんち)、南東を赤石(あかいし)山脈(南アルプス)北部の入笠山(にゅうがさやま)高原、北東部を霧ヶ峰(きりがみね)高原、東部を八ヶ岳連峰に囲まれる。盆地南東部の山浦(やまうら)地方は宮川(みやがわ)・上川(かみがわ)など天竜川水系の源流をなす中小河川が流れる。諏訪平(すわだいら)ともいう。諏訪湖は本州を東西に二分するフォッサマグナ(大地溝帯)西縁中央部に形成された断層湖で、霧ヶ峰・八ヶ岳は地溝帯内に噴出した火山群であり、盆地内の各所には温泉が湧出し、高度経済成長期から観光地・リゾート地として発展、別荘地帯が形成された。諏訪湖北東岸の下諏訪(しもすわ)町は諏訪大社下社の鳥居前町で、江戸時代には中山道(なかせんどう)から甲州(こうしゅう)街道が分岐する宿場町として発展。北西岸の岡谷(おかや)市は明治期から近代的製糸業が発展、第2次世界大戦後は精密機械工業・味噌などの醸造業が盛ん。湖の南東岸の諏訪市は戦国期から高島城の城下町として発展、この地方の行政・文化の中心機能を担う。南東部の茅野(ちの)市は乾燥した気候と冬季の厳寒を利用して寒天(かんてん)製造が盛ん

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

諏訪盆地
すわぼんち

長野県中央部、本州中央部を横断するフォッサマグナにできた盆地。狭義には諏訪湖を中心とする平坦(へいたん)地だけをいうが、広義には八ヶ岳(やつがたけ)、蓼科(たてしな)火山山麓(ろく)の山浦地方とよばれる地域を含む。諏訪湖を中心とする地域は岡谷(おかや)・諏訪の両市と下(しも)諏訪町からなり、製糸工場から変わった精密機械工業が発展している。山浦地方は標高900~1200メートルの高原地で、高原野菜の栽培が一部で行われるほか、近年別荘地に開発されている。盆地内は諏訪湖、温泉など観光資源が多い。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諏訪盆地の関連キーワード富士見下諏訪諏訪辰野茅野諏訪湖マラソン長野県諏訪郡下諏訪町長野県諏訪市長野県中野市諏訪町長野県諏訪郡下諏訪町高木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

諏訪盆地の関連情報