コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露木卯三郎 つゆき うさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

露木卯三郎 つゆき-うさぶろう

?-1884 明治時代の商人。
東京にでて米相場で財をなし,相卯とよばれる。明治10年ごろ郷里の神奈川県一色村(二宮町)にかえり,5郡の農民を相手に金貸しをいとなむ。強引な取り立てなどで負債者の恨みをかい,明治17年5月15日大磯の旅館宮代屋で殺された(一色騒動)。屋号は相模屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

露木卯三郎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android