コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二宮町(読み)にのみや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二宮〔町〕
にのみや

神奈川県南部,大磯丘陵にある町。南は相模湾にのぞむ。 1935年町制。地名は相模国二宮である川勾 (かわわ) 神社があることにちなむ。ミカン栽培が盛んで,県の園芸試験場がある。慶応2 (1866) 年日本で初めてラッカセイが栽培された。海岸段丘上を東海道が通り,江戸時代には西部の梅沢の茶屋が間の宿としてにぎわった。東海道本線の開通により,町の中心は東部の二宮駅前に移った。近年は宅地化が著しい。海岸線を JR東海道本線,国道1号線,西湘バイパスが並走する。中央部を小田原厚木道路が横断し,西端インターチェンジが立地。面積 9.08km2。人口 2万8378(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二宮町の関連情報