コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二宮町 にのみや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二宮〔町〕
にのみや

神奈川県南部,大磯丘陵にある町。南は相模湾にのぞむ。 1935年町制。地名は相模国二宮である川勾 (かわわ) 神社があることにちなむ。ミカン栽培が盛んで,県の園芸試験場がある。慶応2 (1866) 年日本で初めてラッカセイが栽培された。海岸段丘上を東海道が通り,江戸時代には西部の梅沢の茶屋が間の宿としてにぎわった。東海道本線の開通により,町の中心は東部の二宮駅前に移った。近年は宅地化が著しい。海岸線を JR東海道本線,国道1号線,西湘バイパスが並走する。中央部を小田原厚木道路が横断し,西端インターチェンジが立地。面積 9.08km2。人口 2万8378(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

二宮町の関連キーワード神奈川県中郡二宮町富士見が丘神奈川県中郡二宮町百合が丘神奈川県中郡二宮町緑が丘神奈川県中郡二宮町中里神奈川県中郡二宮町一色神奈川県中郡二宮町山西神奈川県中郡二宮町二宮神奈川県中郡二宮町松根神奈川県中郡二宮町川匂芳賀広域合併構想湘南ベルマーレ徳富蘇峰記念館栃木県真岡市二宮町の要覧塩崎 まさ子神奈川県中郡西山 弥太郎富士見が丘二見庄兵衛相州落花生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二宮町の関連情報