コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青少年教育 せいしょうねんきょういくadolescent education

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青少年教育
せいしょうねんきょういく
adolescent education

青少年に対する総合的な人間形成を目的として学校以外の場所で行われる教育。勤労青少年を対象とした社会教育をさす概念として発達したが,青少年期の発達段階上の重要性,青少年を取囲む環境の変化を考え,一般的な青少年教育の必要性が意識されるようになった。その特色は (1) 青少年期という発達段階に合せ,知・情・徳など総合的でバランスのとれた人間形成を目指す,(2) 余暇を積極的に利用し,創造性,主体性を高めることを目指す,(3) 将来の日常的な社会生活で役立つ基礎的な教育を目指す,などである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

青少年教育の関連キーワード国立青少年教育振興機構グスターボ ドゥダメルエスコラピオス修道会青少年保護育成条例マリスト修道士会国立中央青年の家ボヘミア兄弟団オラトリオ会クーベルタン独立行政法人植木 憲道寺内タケシ文部科学省ドイツ体操サレジオ会西村 清雄4Hクラブ早崎 春香マリスト会山室 静

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青少年教育の関連情報