コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間形成 にんげんけいせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間形成
にんげんけいせい

動物は生れるとまもなく成体と同じ生活行動を始め,環境に適応するようになる。これに対して人間は,成人になるために長い間の学習期間を必要とする。その長期の過程を人間形成過程という。人間形成は多くの学問からのアプローチが可能な学際的な現象である。遺伝学大脳生理学は遺伝情報の行動決定力における人間と他の生物の差を取扱い,人間形成に占める後天的学習の比重を明らかにする。また発達心理学は人格形成の機構と過程を,発達社会学は人間形成の社会的被拘束性の機構を,文化人類学は人間形成における文化差を,それぞれ取扱う。このように人間形成という現象は哲学的思弁から離れてさまざまな角度から科学的に解明されてきている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

人間形成の関連キーワードウィルヘルム・マイスターモンテッソーリ教育寺子屋(寺小屋)福岡県立大学青少年教育菊池 幸子下程 勇吉久徳 重盛宮坂 哲文中村 春二小林 秀穂教育社会学獨協大学図画教育労作教育独協大学情操教育児童文化国語教育美術教育

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人間形成の関連情報