コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山忠朝 あおやま ただとも

1件 の用語解説(青山忠朝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山忠朝 あおやま-ただとも

1708-1760 江戸時代中期の大名。
宝永5年7月16日生まれ。摂津尼崎(あまがさき)藩(兵庫県)藩主青山幸督(よしまさ)の次男。青山俊春の養子となり,享保(きょうほう)15年丹波亀山藩(京都府)藩主青山家3代。奏者番,寺社奉行をつとめたのち,寛延元年丹波篠山(ささやま)(兵庫県)5万石に転封(てんぽう)され,同藩主青山家初代となる。宝暦8年大坂城代。宝暦10年7月15日死去。53歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の青山忠朝の言及

【篠山藩】より

…1692年(元禄5)松平(形原)信庸は伊藤仁斎の弟子松崎蘭谷を登用して治績をあげた。1751年(宝暦1)には青山忠朝が漢学者関文平を招き,嗣子忠高は66年(明和3)藩校振徳堂を創設した。天明年間(1781‐89)忠裕によって養正斎,成始斎が増設され,化政期(1804‐30)になると文武両科の教科目が制定されるなど学問の面でみるべきものが多い。…

※「青山忠朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青山忠朝の関連キーワード明石宗伯小笠原長教織田信朝酒井忠相新庄直祐宗方煕戸沢正産中川久慶松浦邑毛利高丘

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone